管理職の求人を探しているならms-japanがお勧め

  1. ホーム
  2. 持っていると有利な資格

持っていると有利な資格

作業員

年収アップが望める

派遣で施工管理をする人に求められる仕事内容とは、工事現場の職人達の取りまとめを行ったり、職人達が安全に作業を行えるように気を配ることです。また、工事が円滑に期限内に進められるように計画を行い、指示を出すことを職務内容とします。現場監督は常に現場にいて職人達に対して気を配りますが、施工管理は現場の作業以外にもデスクワークを請け負い、工事計画を立てたりクライアントとの折衝を行います。企業によっては現場監督と施工管理の仕事を兼任する場合もありますし、施工管理の仕事のみを行う場合もあり、派遣に求められる職種内容も、会社によって異なります。派遣で施工管理の仕事を行いたいと思う場合、施工管理技士1級か2級を取得しておくと有利です。施工管理技士には建築機器、土木、建築といった具合に6つの分専門野に分かれており、それぞれ1級と2級の資格があります。派遣で働きたい場合も、年収アップを目指すのであれば、これらの資格を取得しておくのが望ましいです。1級と2級の違いは、1級は大規模工事に携わることができるのに対し、2級は小規模工事や営業所の施工管理を行う場合に役立つという点です。理数系の学部を卒業した人または体育会系の人に向いている職種です。現場の職人を取りまとめる必要があるため、リーダーシップが取れる人や根気のある人が向いています。クライアントとの折衝も行うため、コミュニケーション能力のある人が向いています。